文楽で人形浄瑠璃を観てきました

文楽で人形浄瑠璃を観てきました

三味線、大夫、人形遣いが三位一体となって上演する日本の伝統文化である人形浄瑠璃を機会があって観てきました。 外題(演目)は伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)お七、火の見櫓の段(おしち ひのみやぐらのだん)というそ

もっと読む...